色々なことを勝手に想像&妄想。


by song-of-imagine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

♪こうだったらいいのにな
 
 こうだったらいいのにな

d0036086_22324368.jpg

[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-17 22:32

階下の騒音


僕は2階建てアパートの2階に住んでいます。
当然、僕の部屋の下には1階の部屋があるわけです。
昨日のこと、その1階の部屋で事件が起こっていました。

昨日、僕は部屋で夕食を食べていました。
大体7時くらいでしょうか。
下の部屋から4~5人の人間の話し声が聞こえてきました。
まあ、話し声といっても既に騒音レベルではあったのですが。
僕はすぐに予想できました。
「これからもっと、うるさくなるな」と。


下の部屋の住人は今年の4月に越してきた男子学生です。
今の時代、どこのアパートでもたいていはそうでしょうが、引越しの挨拶なんてものは行った事もなければ来た事もありません。
というか、挨拶しないことが慣例になっています。
そのため、僕は階下の住人と直接会ったことはありません。
しかし、1度見かけたことはありました。
2ch用語で言うところの『DQN』という感じでした。
引越し後1ヶ月たっても、カーテンをかけていないことからもそれが分かると思います。


大学生というのは、休日になると誰かの家に集まって酒を飲んだりするものです。
いわゆる宅飲みというやつですね。
僕もよくやるので分かるのですが、はじめは周りへの気配りもあって静かにするように心がけます。
しかし、アルコールというのはその辺の気配りも奪ってしまうようで後半になると、どうしてもうるさくなってしまいます。

ところが下の住人ははじめからフルスロットルでした。
『DQN』には気配りという概念がなかったようです
その段階でも十分にうるさかったのですが、その後、僕の予想通り更に騒音は増していきました。


7時10分ごろに、新たに仲間がやってきたようです。
チャイムを連打していました。

7時30分ごろ、また別の仲間が原付でやってきました。
駐輪場で訳もなくエンジンをふかしてました。

7時35分ごろ、再び原付で仲間が登場。
窓越しに室内の仲間と大音量でお話を始めました。

7時40分ごろ、新しいお友達が加わりました。
1人目と同じくチャイムを連打してました。


ザ・近所迷惑です
文句を言ってもよかったのですが、僕の部屋で宅飲みをやる時、奴に苦情を言わせないために放って置くことにしました。
しかし、8時頃になって異変が起きました。
騒音が止んだのです。

始めは場所を移したのだろうと思っていました。
ところが、僕が出かけようと外に出てみるとちゃんと彼らはその部屋にいました。
カーテンがないので部屋の中の様子は、はっきりと分かりました。

喋らずにただ座っている男たち

異様でした。
仲間と飲んでいるのに、一言も会話がない。
30分前までのバカ騒ぎが嘘のようです。

騒いでいるDQNと鉢合わせするのも嫌ですが、静かなDQNというのも怖いです。


なぜ、彼らは急に静かになったのか。
なぜ、一言も喋らないのか。

想像してみました。



①注意された
近所の人に普通に注意されて、しょげていたのではないでしょうか。
だったら最初から騒ぐなよ。
集合住宅なんだから、うるさくすれば注意されるに決まってんだろ。
どうせやるならもっと根性出してやってもらいたいものです。


②闇の儀式説
彼らは昨日、闇の儀式をするためにあの部屋に集まっていたのではないでしょうか。
そのため、一言も喋ってはならなかったのです。
僕はこれが事実であって欲しくはありません。
自分の部屋の下でそんなことが行われていたなんて思いたくないからです。
ましてや、これからもそんな奴の上で暮らさなければならないのかと思うと・・・。


③追悼の宴説
タケシが死んで1ヶ月。
久々に彼の仲間が集まった。
しかし、彼らの顔はやはり暗かった。
すると、そんな彼らにリーダーのヨースケが言った。
 「お前らなんて顔してんだよ。
 あいつは峠に命かけてた。そして、その峠で死んだんだ。
  本望だったんじゃねぇのか?
  あいつはきっとあの世で笑ってるぜ。
  それなのにお前らがそんな暗い顔してんじゃねぇよ」
ヨースケの言葉をきっかけにして、彼らは努めて明るく振舞った。
タケシと騒いだあの頃のように。

しかし、飲み始めるとタケシの不在は重く心にのしかかってきた。
いつでもタケシはムードメーカーだったのだ。
突然、タクの頬を涙が伝った。
タクの涙に誘われるように、みんなが堰を切ったように泣き始めた。
 「お前ら、泣いてんじゃねぇよ」
そういったヨースケの両目からも涙があふれていた。

暖かい夜だった。
タケシが彼らを包んでいるかのようだった。


こんなストーリーがあったのかもしれません。
仮にそうだとしても、
やってることは近所迷惑
これだけは確かです。


結局理由が何だとしても、ああいう連中は嫌ですね。
ちなみに彼らはその後、静かに帰っていきました。
やっぱり喋ってませんでした。
不思議ですね。
僕の中で「関わりたくない度」がまた上がりました。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-15 22:16

くまさん(後半)


後半です。

③帰らずの森説
お嬢さんは知らず知らずのうちに森に入りました。
地元の人に帰らずの森と呼ばれている森へ。

そんな彼女を助け出そうとしたのがくまさんだったのです。
くまさんは彼女に逃げることを薦めます。
彼女は彼の薦めに応じて逃げました。

そのとき、やさしかった森のくまさんに変化が訪れます。
彼が森の掟を破ってお嬢さんを逃がしてしまったから・・・。
くまさんの意識は森に支配され、彼は自ら助けたお嬢さんを森の獲物として捕まえる役目を負わされてしまったのです。

くまさんが追ってきていることに気づいたお嬢さんは立ち止まります。
彼女はもちろん気づきませんでした。彼の正体に。
くまさんはおもむろにイヤリングを取り出します。
それを善意と勘違いした彼女は、彼のために歌を歌います。
いつまでも、ずっと・・・

怖いですね。
童謡じゃありません。全く。


もうこれ以上想像しても怖いのしか出てきません。
くまさんのイメージをあまり壊したくはないのでこの辺で終わります。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-11 23:22

くまさん


『森のくまさん』

ある日 森の中
くまさんに出会った
花咲く森の道
くまさんに出会った

くまさんの言うことにゃ
お嬢さんの逃げなさい
スタコラ サッササのサ
スタコラ サッササのサ

ところがくまさんが
後からついて来る
トコトコ トッコトッコト
トコトコ トッコトッコト

お嬢さん お待ちなさい
ちょっと落し物
白い貝殻の
小さなイヤリング

あらくまさん ありがとう
お礼に歌いましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ



ご存知『森のくまさん』です。
しかし、この歌には若干気になることがあります。

それは、なぜお嬢さんが逃げなければならなかったのかという事です。

森の中で出会った熊は、突然お嬢さんに逃亡を薦めます。
何の理由も告げずに
そして、お嬢さんは熊の薦めに応じて逃げ始めます。
理由も聞かずに
その後、お嬢さんはイヤリングを拾った熊と歌い始めます。
さっきまで、逃げなければならない切迫した状況だったのに。

謎だらけです。
お嬢さん逃亡の理由を想像してみたいと思います。



①熊、意外に危険説
もちろん、実際の熊は人間さえも襲う獰猛な動物です。
そして、森の熊さんもまた獰猛な肉食獣だったのではないでしょうか。
熊さんにっとては、お嬢さんは獲物以外の何者でもなかったのです。
しかし、あくまでも童謡のキャラクターですから彼には良心がありました。
そこで、お嬢さんを食べてしまわないように逃亡を薦めたのです。
ヨダレを垂らしながら
もちろん、ヨダレを垂らした熊が近づいてくるわけですからお嬢さんは一目散に逃げ出します。

お嬢さん逃亡後、熊が何をしていたのか。
それは、もちろんランチタイムです。
ウサギかなんかを貪っていた事でしょう。
そして、満腹になった熊はイヤリングを発見しお嬢さんを追いかけたのです。

人の良いお嬢さんはお礼として歌います。
口の周りが血だらけの熊とともに。
とても童謡とは思えない光景です。


②お嬢さんは熊以外の誰かに追われていた
お嬢さんは、何者かにずっと追われていました。
その何者かから逃げるために彼女は深い森に入ります。
しかし、奴はついてきました。
奴からは決して逃れることは出来ないのだと、彼女は希望を捨てようとしていました。
その時、彼女は出会ったのです。
森のくまさんと。
次の瞬間、彼女はくまさんの口から信じられない一言を聞きます。

「ここは俺に任せて、お前は逃げろ!」

彼女は自分の耳を疑いながらも逃げ始めます。
一度は捨てかけた希望に向かって。

しばらく走った後、彼女はくまさんが自分を追って走ってきていることに気づきます。
「おいお嬢ちゃん、イヤリング落としたぜ」
「あの・・・、あいつは?」
「もう心配いらないよ。奴は2度とあんたの前には現れない。」
「えっ・・・?」
「ほら、これ(イヤリングを差し出し)大切なもんなんだろ?」
「あ、ありがとうございます」
「いいってことよ」
「あの、私クラブシンガーなんです。お礼といっては何ですが歌わせてください。」


かっこいいですね。
ちょっとハードボイルドな感じで。
これが真実だったら、保育士の方は子供たちに伝えてあげて欲しいものです。



長くなったので今日はこれで。
後半に続きます。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-11 01:16

本能


この前、あるお爺さんを見ました。

白く長いひげと杖。
「あっ、仙人だ」
と思いました、とっさに。
たたずまいも周りの空気とは違っていました。
本当に『浮世離れ』という言葉が似合う感じでした。

その瞬間までは。

その瞬間、その仙人の前方から高校生の団体が歩いてきました。
すると仙人は、ものすごく鋭い眼光で、

女子高生の脚をチラ見してました


どれだけ年をとっても、どんな格好をしていても、
人間の本質は変わらないみたいです。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-06 20:46

田園


田舎に行くと、都会では見れない色々なものを見ることができます。
『トップレスで屋外を歩き回るおばあちゃんと』いうのがその最たるものですが、それだけではありません。
今回はそんな話です。


ゴールデンウィークということで僕は実家へ帰省しました。
高速バスに揺られること4時間、地下鉄移動を1時間、そこからさらに車で30分、
実家まであとわずかという所で見てしまいました。
想像を掻き立てられてしまうものを

僕の実家というのはかなりの田舎で、周りが田んぼだらけです。
その田んぼの中の1つでお婆さんが農作業をしていました。
このお婆さんというのが前述した『想像を掻き立てられてしまうもの』です。

農作業をしているお婆さんというのは別段珍しいものではありません。
しかも、今の時期というのは田植えの期間なのでこのような農作業の光景はよく見られます。
それなのに、なぜ、そのお婆さんがそんなに気になったのか。
その理由はそのお婆さんの行動にありました。


そのお婆さん(仮にトメさんとします)は、休憩中だったのですがその休憩スタイルが変だったのです。
田んぼの真ん中に仁王立ちし、上を見上げ、口を開けたまま


田んぼの中にいたわけですから、当然、足は水の中です。
このような状態では休める気がしません。
しかも、口が開いてる。
もう、気になって仕方ありませんでした。


なぜ、トメさんは田んぼから上がらなかったのか。
なぜ、その場で休もうと思ったのか。
なぜ、上を向いていたのか。
なぜ、口を開けていたのか。


想像してみました。



①無類の田んぼ好き
「好きで好きでたまらない。
一度入ったら、ちょっとやそっとじゃ出る気がしない。
休憩する暇があったら、ずっと中にいたい。」

トメさんはこんな風に考えてたんじゃないでしょうか。
プールの授業中の小学生と同じ心境ですね。
こんな風に童心を忘れないお年寄りばかりなら、高齢化社会も怖くありません。


②コンタクト落としたと号泣
田んぼというのは基本、泥です。
それゆえ、コンタクトでも落とそうもんなら探しようがありません。
しかし、トメさんは落としてしまいました。
そして、泣き出してしまいます。
人目をはばかることなく、田んぼの中心で。
失ったコンタクトへの思いを叫びながら、激しく嗚咽を漏らして。

僕が見たのはこんな光景だったのかもしれません。
こんな風に思春期の葛藤を忘れないお年寄りばかりなら、高齢化社会も怖くありません。


③立ち往生
亡くなったんですね。
田んぼでの作業中に。
悲しい話ではありますが、かっこいいです。
最期の最期まで自らの仕事を全うし、立ったままで逝く
こんな風に弁慶の男気を持ったお年寄りばかりなら、高齢化社会も怖くありません。



どうやら、高齢化社会は日本の危機ではないみたいです。
良かったですね。

以上、無理やりなオチでした。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-05 18:17

黄色いヘルメット


不釣合いなものって目に付きますよね。

コントラバスを持った小学生。
イチゴ狩りをするスナイパー。
田植えをする稲葉浩志(B’z)。

こんなのはものすごく目に付きます。
僕は一切見たことありませんが


さて、見たことがないものについて語っていても仕方がないので実際に目にしたものの話をします。
僕が実際に見た目に付くもの、それは黄色ヘルメットの集団です。


黄色ヘルメットというのは工事現場でよく見るアレです。
この集団を見たのが工事現場であれば、それはごく自然な光景です。
しかし、現場が大学で、なおかつその人たちが普段着だったので非常に気になりました。

集団といっても団体ではなく1人づつです。
どういう事かといえば、昼前にヘルメットを小脇に抱えて歩いている女の子を目撃し、午後に同じようにヘルメットを持った女の子が立ち話をしているのを目撃し、夕方にヘルメットをかぶって座っている男を目撃しました。

文字だとこの異様さが伝わりにくいと思うのですが、実際に見るとおかしいです。
ヘルメットを持ってる人たちもいたって普通のことのように振舞っているので。
でも、僕は普通のことだとは思いません。絶対に。


なぜ、ヘルメットを持っていたのか。
なぜ、普通のことのように振舞っていたのか。


想像してみました。



①実験用
これなら納得できます。
ヘルメットが必要な実験もあるでしょうからね。
彼らにとってはいつもの事なんでしょう。
それゆえ、彼らも臆することなくヘルメットを持ち歩けたんです。
いちいち反応してしまった僕が悪かったんでしょうね。


②配られた
大学構内では、ティッシュや無料の求人誌なんかがよく配られています。
それだったらヘルメットもね。
ありえません
もらう人いません。
かさばるし、要らないし、黄色いし。
配ることによってメリットがあるとも思えません。


③流行ってる
流行ってません。


④宗教上の理由
世界にはいろんな宗教があります。
そして、いろんな戒律があります。
イスラム教徒の女性はベールで顔を覆っています。
ユダヤ教徒の男性はキッパという帽子をかぶっています。
ヒンズー教徒は牛を食べません。
そして、ヘルメット教徒はヘルメットを持ち歩きます。
ヘルメット教徒って何ですか?
僕は知りません。


結局、どの説も想像の域を出ませんが、この記事を書いて1つ分かったことがあります。

『ヘルメット』って文字をずっと見てると違和感が出てきます。

それだけです。
[PR]
by song-of-imagine | 2005-05-01 13:28